【1章本予告分析その③】南部財閥は裏切るのか?

皆様おはようございます。
今回は、1章本予告から予想される3199での南部財閥の立ち位置を考察してみたいと思います。

今回の本予告では、デザリアムの侵攻を覚悟を決めた表情で見つめる南部財閥総帥南部康造のシーンが映し出されています。

このシーンでの南部康造の表情からは一切の動揺が確認できないことから、恐らくデザリアムの地球侵攻について事前に知っていたものと思われます。
またこの侵攻にあたって、迎撃に出た地球防衛艦隊の無人艦隊のコントロールシステムがバグを引き起こすなどの現象が発生していることを考えると、防衛設備分野に強い影響力を持つ南部財閥がこのデザリアムの侵攻に協力していた可能性が非常に高いと言わざるを得ません。

恐らくですが、3199において南部康造がデザリアムに協力しているのはほぼ間違いないと思われます。
では何故、彼はそのようなことをしたのか?

結論から言えば、彼は一人息子である南部康夫の命を人質に取られて、協力を強要されたのではないかと思われます。

なぜ父・息子の関係は悪化するのか

既に公開されている3199のキャラクター紹介において、南部康造と息子の康夫の紹介文にはそれぞれ両者との関係悪化が明記されており、特に康造の方には「いま決定的な“断絶”が訪れようとしている。」とすら書かれてしまっています。
両者の折り合いが悪いことは2199第7話での赤道祭のエピソードでも描かれていますが、ただこの時は父、康造は独善的ではあっても息子である康夫の身を真剣に案じており、康夫の方もそんな父親に反発しながらも完全には嫌いになれない(そもそも本当に嫌っていたら通信すらしない)複雑な心境が見とれます。
また2202においても康夫が艦隊勤務を続けていることを踏まえると、なんやかんやと言って康造も息子の生き方を邪魔しようとはしていません(彼の立場なら息子を安全な後方に配置するよう働きかけることも可能)。
このように考えると、2205までは真の意味で両者の関係はそこまで悪くは無かったものと思われます。
これを踏まえると、両者の関係が急激に悪化したのは2205以降であると思われます。

今回公開されたPVで車内で激怒している康夫の姿が描かれていますが、空が青空であることからこのシーンはデザリアムの襲来前のシーンであると思います。
恐らく何らかの理由で康夫は父親である康造に会いに行ったものの、冷たくあしらわれたのではないかと思います。

恐らくですが2205の物語終了直後あたりで、デザリアムから南部康造に接触があり、息子の命を人質に協力を強要されたのではないでしょうか。
そのため康造は息子の命を守るためにデアリアムに協力するとともに、地球の裏切り者になる自分から少しでも遠ざける為に意図的に息子に冷たくあたって関係を悪化させていったのではないでしょうか。

子供を守るためならば地獄に落ちることもいとわないというのは2202で加藤が実践しています。
3199で康夫は艦隊勤務から外され、新都から距離を置く第21航空群基地へ配属されているとのことですが、これも恐らくは康造の働き掛けによるものであり、これまで絶対にしてこなかった人事への介入をあえてすることで息子からのヘイトを買うとともに、デザリアムの攻撃が行われることになる新都から息子を引き離そうとしたと思われます。
ただ息子である康夫はそんな父親の内心など知るすべもなく、(ある意味で父親の思惑通り)決定的な“断絶”を迎えることになるのではないでしょうか。

父子の関係修復はあり得るか?

私個人としては最終的に康造と康夫は和解するとのではないかと思います。
そしてその両者の和解のきっかけとなるのが土門君の経験ではないかと考えています。

現時点では完全な憶測になりますが、土門の父親も康造と同様に息子の命を人質にデザリアムへの協力を強いられ、その結果、命を落とすことになったのではないでしょうか(協力を拒んで自殺、あるいは用済みとして口封じに消された)。
3199において、土門は何らかの流れでその真実を知り、そのことから康造もデザリアムに脅されて協力を強いられているという真実に辿り着くのではないか。

もしかしたら
「自分は父親を助けることができなかったけど、あなたはまだ間に合います!」
といった感じのセリフで土門は南部を説得する展開などがあるのかもしれませんね。

ただ理由はどうであれ康造が地球を裏切ったのは紛れもない事実ですので、恐らくは何らかの形で責任を取るように康造は3199で死亡すると思われます。
それでも(わずかな時間でも)息子と本当に和解できたとすれば彼にとっては悔いのない結末になると思われます。

ちなみに康造も一方的に利用されるのではなく、一矢報いるためにデザリアムサイドにも何かの毒を仕込んでいそうですね。
あるいはそれが地球奪還の決め手になるのかもしれませんね。

コメント

  1. TK より:

    気になってること。
    デザリアム人が地球人のなれの果てではないかという考察。では何故デザリアム人は「青い肌」をしているのか?
    2205前編でデスラーがガルマン人に言った言葉「これからは青い肌青い血の…」というのが引っかかるんだよね。
    私が考えるに、デザリアムというのは遥か大昔にシャルバート教を信奉するガルマン派が自星を離れて別の星を侵攻していた時に、イスカンダルから波動エネルギーの攻撃を受けて別次元に飛ばされたのではないかと。それが1000年先の未来。
    2205後編でゴルバがイスカンダルを銀河系方面に運ぼうとしていたけどあれは地球にではなくガルマン星に運んで、波動エネルギーを使って別次元のデザリアムを現次元に移すことを目論んでいたのではないかと考える。
    メルダースとデーダーの会話中に流れていた地球のクラシック音楽、あれはどうやってデザリアムは手に入れていたのか?もしかしたらデザリアムは地球が時間断層を廃棄するまでの間にこっそり地球に侵入して様々な情報を入手していたのかも知れない。その役割を果たしていたのが技術将校のアルフォンだったりして。だから「私は帰ってきた」というセリフが出るのも頷けたり。南部重工はその時に接触したか?